FC2ブログ

    seminar room 黒板とキッチン

    静岡県浜松市街中の駐車場1Fにあるスペース「seminar room(セミナールーム) 黒板とキッチン」の最新情報をお届けします

    【インタビュー】友野可奈子さん

    イラストレーター友野可奈子のイメージはつかみにくい。ときにはギャラリースペースの管理人、ときには手作り品マーケットイベントの実行委員、ときには「印刷」を軸に人々に創造と遊びの機会を提供するユニット〈ZING〉のメンバー。浜松市ゆりの木通り周辺の冒険的な場には、しばしば彼女が関わり続けてきました。そういった目に見える姿の裏で、イラストレーターとしての「友野可奈子」は何を目指し、どう進化したのか。インタビューを通して迫ってみたいと思います。


    tomono.jpg
                                              「レディ/レディバックサイド」鉛筆 2013


    テキスタイル画を描くはずが、気がついたらイラストを描いていて。あ、やっぱり自分がやりたいのはイラストだなって。

    ―まず友野さんの来歴をうかがっていきたいのですが、イラストをやろうと思ったのはいつごろでしょうか。

    友野 イラストへのあこがれは小さいときからあったんですが、なんとなくで。進学した筑波大学では最初、芸術専門学群のデザイン専攻のなかから、建築デザイン領域を選びました。ウィンドウディスプレイをやりたかったんですよ。でも1年たった頃になんか違うなと思って、テキスタイルにも興味があったので、構成専攻の構成領域に移ったんです。結局そこで卒業しました。

    ―大学では特にイラストを学んだわけではないんですね。

    友野 ビジュアルデザイン領域というところに、漫画や絵本を研究している先生がいたんですけど…。なんか怖気づいたというか、近づけなくて。いまになると、すごくもったいないことをしたなと思うんですけど。

    ―そこからイラストに転向していくきっかけは何だったんですか?

    友野 就職活動を始めて少ししたころに、テキスタイル職の課題があったんです。テキスタイル画を描くというものだったんですが、描いているうちに、気がついたらテキスタイルではなくイラストを描きはじめてて。そこでスイッチが入ったんだと思います。あ、やっぱり自分がやりたいのはイラストだなって。それで就活をやめて、イラストを描きはじめました。

    ―友野さんというと人物を描くイメージが強いですが、それは最初から?

    友野 そうですね。イラストを初めて、とりあえずまずコンペに出してみようと思って、その課題が「人を描く」というものだったんです。そこで、審査員の一人に次点に選んでもらったんですよ。最初のコンペで評価されたことで、気分がよくなったんでしょうね(笑)。自信がついたというか。風景だけだと自信がないです。



    tumblr_nhta2l7pkX1tmb9ieo1_1280.jpg
                 「帰宅する」 アクリル絵具 2013



    画材が変わると雰囲気がガラッと変わるから、いいのかなって。そういうところも悩みながら、ですね。

    ―友野さんの作品を見ていると、瞬発力で一瞬を切りとっているなという印象を感じるんですが、制作も一気に進めるのですか?

    友野 もちろん描くものにもよりますが、こう描こう、って決まるとさっと描けるほうですね。線画ははやいですよ。ただ、勢いで描き始めて、途中で迷走することがあるんです。あれ?となったときに、2、3日寝かせることはありますね。絵ってどこまでも描けるじゃないですか。終わりどころが分からないというか。

    ―というと?

    友野 うーん…。例えば、鉛筆は自分にとっていちばん扱いやすい画材で、カラーのイラストも色鉛筆だと迷わずゴリゴリ描けるんです。でも絵の具だと、塗りかさね方やどこまで手を加えるか、迷いがでちゃうんですよね。それが次の課題かなとは思うんですけど。

    ―なるほど。今後は絵の具を使ったイラストを見ることが増えるかもしれませんね。

    友野 画材が変わると雰囲気がガラッと変わるから、いいのかな、と思う部分もあって。いいの描けたな、と思っても、その雰囲気で描き続けるかとなるとちょっと違う。そういうところも悩みながら、ですね。

    ―私生活でいえば、お子さんも生まれましたよね。なにか変化はありましたか。

    友野 うーん、どうなんでしょう(笑) 自分ではよくわからないですね。でも絵を描くのにかける時間がなかなかとれなくて、やっぱり大変だなというのは感じますね。




    tumblr_nhsu0u5N2U1tmb9ieo1_1280.jpg
                                         「買い物」 アクリル絵具 2014




    自分のなかのストーリーが感じられるような展示を

    ―さて、そんな友野さんですが、9月には3度目の個展を開かれるそうですが。

    友野 9/22~10/4の約2週間、東京の神宮前のペーターズギャラリーというところで個展をします。

    ―どのような展示になるのでしょうか。

    友野 『オーロラロケット』というタイトルにしました。今回は、自分のなかのストーリーに沿うものにしたいなというのがあって。オーロラ特集の雑誌を見た後、絵を描いていたときに思いついたんです。イメージが組み合わさってピタッときたというか。
    オーロラを描くわけではなく、〈オーロラロケット〉が過ぎ去った後の街の人々、みたいな、ストーリーがあって、それが感じられるような展示にしたいです。

    ―なるほど。一瞬の光景を切り取るようないままでのスタイルに、ストーリーという時間の幅が加わってどんな作品になるか、とても楽しみにしています。
    今日はありがとうございました。

    友野 ありがとうございました。


    tomono_DM (2


    友野可奈子個展『オーロラロケット』
    2017年9月22日(金)~2017年10月4日(水)
    ペーターズギャラリー1・2F 東京都渋谷区神宮前2丁目31−18
    12:00~19:00/毎週木曜日定休
    入場無料
    ※9/29(金)にはパーティーを開催。当日は「マッスルNTTなどズ」のLIVEも。18:00~20:00、参加無料
    問合せ先 knknomoto@gmail.com

    スポンサーサイト

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://bbandk.blog.fc2.com/tb.php/388-fcd4ca41
    該当の記事は見つかりませんでした。